車の事故を起こしてしまった場合に最初にやること

車の事故は突然起こるものです。


事故を起こさないように運転をしていても、自分が事故を起こしてしまう可能性は車を運転する方なら誰しもあり得ます。


そこで、車の事故を起こした場合に最初にやるべきこと、事故を起こしてしまった後の流れを紹介します。

【車の事故を起してしまった!まずは警察へ連絡を】


車の事故を起こしたら最初に自分が加入している保険会社に連絡をすると思っている方もいますが、保険会社に連絡をする前に警察に連絡をすることです。


警察の方が到着したら今後どうしたら良いのかを説明してくれること、警察に事故を届けることで「事故証明書」を発行してもらえるからです。


保険会社の手続きに事故証明書は必要になるので、車の事故を起こしてしまったらまずは警察に電話をすることを覚えておきましょう。

【車の事故を起こしたら絶対にやってはいけないこと】


車の事故を起こしてしまったら恐怖や不安などでパニック状態に陥ってしまいます。


冷静に判断することが出来なくなって、怖くなり、その場から逃げてしまいたくなりますが、ここで逃げてしまうのは絶対にやってはいけないことです。


逃げることで「ひき逃げ」となり、ますます罪が重くなります。


事故を起こしてしまったら逃げずに警察に電話をして到着を待ち、今後どのようにしたら良いのかを指示を仰ぐことです。

そして、相手と勝手に交渉を始めてしまうのも絶対にやってはいけないことです。


「急いでいるから警察は呼ばないでほしい」とか「警察を呼ぶ程の事故ではないし、お金を払うのでここで終わりにしましょう」とお互いの間で勝手に話を進めるのは厳禁です。


車の事故を起こしてしまった場合、事故の大きさに関係なく警察へ報告することが義務となっているため、警察や保険会社を挟まない状態で勝手に勝手に交渉を進めることをせず、まずは警察に連絡し到着を待つことです。

【保険会社へは事故後60日以内に連絡をしなければいけない】


警察へ連絡したら、保険会社に連絡をするのが車の事故を起こした時の一般的な流れとなります。


車の事故はいつどこで起こるか分からないので保険会社は24時間365日受け付けてくれる事故対応専用の窓口を設けています。


事故を起こして怪我をして病院に運ばれた場合などすぐに保険会社へ連絡ができない状況になった場合は事故後60日以内に保険会社に連絡をする必要があります。

連絡後、保険会社が事故対応を開始してくれます。


自分が加入している保険会社の担当者の指示に従っていきますが、保険会社によって対応のスピードに差があります。


また、担当者が専任1名なのかチームになるのか、電話のみの対応になるのか、訪問をしてもらえるのかなど細かい点で違いがあります。

ここで注意したいのが、事故対応の受付は24時間365日対応してもらえますが、車の事故を起こしたのが休日や深夜だった場合は実際に対応してくれるのが翌日や休日明けといったケースもあることです。


休日や夜間でもすぐに担当者を決めて対応してくれるスピード対応してくれる保険会社もありますが、保険会社に連絡をしても必ずすぐに対応してくれるとは限りません。

【保険会社の事故対応とは】


保険会社が事故の状況を見て、事故を起こした人「加害者」事故を起こされた人「被害者」それぞれにどの程度責任がある事故なのかを確認するのが「事故対応」です。

そして、加害者と被害者両者が示談交渉をし、損害賠償額を決定することで決着します。

保険会社は示談交渉を代行する役割もあります。


自分の希望や主張などを保険会社に伝えて、両者の保険会社同士が交渉する形となるのが一般的です。

よって、車の事故を起こしてしまった場合は最初に警察に連絡をして、その後に加入している保険会社に連絡をして事故対応をしてもらい、保険会社が示談交渉をし、損害賠償額が決定するといった流れになります。

事故を起こしたらパニックになってしまいますが、勝手に交渉を進めたり逃げたりせず、とにかく警察に連絡をすることが最初にやるべきことです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です